La Escuela 2016
Curriculm - カリキュラム -

今年4月より、「La Escuela」のトレーニングカリキュラムが、大きく進化します。アルゼンチンで16年間プロの世界で活躍したパブロ・ルビニッチコーチが育成部長に就 任し、プロの目から見た「La Escuela」の課題点を大胆に改善します。1回1回のトレーニングがよりダイナミックになり、よりアルゼンチンに近い育成環境を実現します。

DINAMICA

徹底的に無駄を省き、インテンシティ(負荷)を上げ、1回1回の練習がよりダイナミックで 効率の良いレッスンになります。

ARGENTINA
STYLE

よりダイレクトな指導でトレーニング効率を高め、子供たちに語学を学ぶ「必要性」を生むた めに、時間をかけ少しずつレッスンの進行をスペイン語にしていきます。

FLEXIBLE

新たなクラス編成により、週複数回のレッスンの選択や振替をしやすくすることで、指導の “質”だけでなく、“数”も確保。より、継続性のある育成が可能となります。

CONTENIDO

クラスのレベルや成長に応じたメニューを構築。測定などを通じて、定期的に子供たちの成長 を評価・共有し、確実な成長を目指します。

PABLO DAMIAN RUBINICH
パブロ・ダミアン・ルビニッチ

わずか21歳の若さでプロチームの監督に抜擢され、以後16年間プロ世界で指揮を執った経験を持つ。
厳しいプロの世界で勝ち抜くために何が求められるのかをよく理解しており、その為、要求が高く、妥協を許さない。アルゼンチン指導者ライセンスPROと フィジカルコーチの資格も持ち、その他、「戦術的時間の活用法」や「ハイコンペティションでの選手回復法」といった専門性の高い指導者講習会で講師を務め た経歴を持つ。
昨年12月に来日してから1ヵ月、ボカのスクール全校をまわり、現状の課題点を細かく確認。カリキュラム、クラス編成、招集・昇格のルールまで、全てを見 直し、今までの枠に囚われず、ボカの育成環境がよりダイナミックでアルゼンチンスタイルのプログラムを提案する。