MONTHLY MVP
- 月間優秀賞 -

2016年度の月間優秀賞を発表していきます。

2016年12月の各校の月間優秀賞は下記の通りです。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。
例.2016年12月の月間優秀賞受賞者は、翌々月の2017年2月分の月会費が無料になります。

多摩校
東泊 紫音

いつでも自らを表現して、努力を重ねている。スペイン語もしっかり記憶して、これまで出たテーマのスペイン語の質問はほとんど彼が答えてしまう。まだまだこれからが楽しみな選手であり、その明るい性格もその成長の助けになるはずだ。皆んなも彼ぐらい自分の意見を主張できるように見習ってほしい。

千駄ヶ谷校
永野 修都

10歳にしてこの落ち着いたプレーはなかなかいない。
パウサ(間を作る)を自由自在に操るチームのコンダクター!!
ボールテクニックはまだまだ伸ばさなければならないが、試合の流れを読む優れた戦術眼を持ち、攻撃時、守備陣にいないところに急に現れる彼の姿は誰もが安心する存在。
この年代のボカエリートの中心的な選手のため、さらなる成長を期待したい!

品川校
山下 凛太郎

その小さな体からは想像できない程のエネルギッシュなプレーを見せてくれる。さらに、自分より大きな相手にも物怖じせずに向かっていくウエボも持っている。そして何より大切な向上心が高く、コーチの話を少しでも吸収しようと真剣に聞くことができる。これからもさらなる成長が期待できるダイヤの原石である。

浦和校
三宮 琉空

トレーニングに対してとても意識の高い選手。常にコーチや選手達の中で、良いコミュニケーションが取れていて、練習内容も早く把握し、意識しながら全力でプレーする姿が周りに良い雰囲気を与える。これからもその意識を忘れずトレーニングに励む事で素晴らしい成長を遂げていくでしょう。

2016年11月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 S-11
目黒 一真

ここ最近で最も成長した選手と言えるだろう。トレーニングに来るたびに、状況判断の的確さ、そのスピードが上がっており、ボールロストの回数が極端に少なくなっている。その秘訣はトレーニング中の試合への意識である。どんなトレーニングも試合状況を考え、プレースピードを上げた中で正確さを求めていく。これを続けることで、これからもさらなる成長が期待できる選手だ。

千駄ヶ谷校 S-8
松本 翔

この年代で飛び抜けたテクニックは、ボカコーチ陣をも納得させる程のレベル。
しかし、彼が持っているのは、テクニック面だけでなく、戦術的理解度が高いことで、その持っているテクニックを最大限引き出せることが彼の強みと今の成長に繋がっています。
この成長を続けることで、このカテゴリーのボカの顔となるのも期待したいと思います!

品川校 S-11
小森 冴樹

彼のトレーニングに向かう姿勢は素晴らしく、毎回自分の最大の集中とやる気をグランドに持ち込んでいる。コーチの話を聞くだけでなく、それを咀嚼した上で自ら考え、コーチ陣の想像を超えるプレーを見せてくれる。その年齢からもまだまだこれからが期待できる選手であり、成長し続け、コーチ陣を驚かせ続けてくれることだろう。

浦和校 S-13
佐藤 翔英

レッスンに常に熱心に取り組む姿勢が素晴らしい。物静かで感情をあまり外に出さないが、アグレッシブにプレーし、状況判断に優れている。パスの精度も良く、チームを動かすプレースタイルを持っている。コミュニケーション能力をあげることで、さらにチームでの存在感をますだろう。これからも、意識を高く持ち、常に上を目指しトレーニングを続けていってほしい。

2016年10月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 S-8
木下 勝正

小学2年生ではあるが、彼のプレーには「ボカの色」が濃く反映されている、お手本にすべき選手である。その年齢にしてボカ歴が長く、たくさんのコンセプトを吸収してきたこともあるが、それ以上に毎回のトレーニングで成長すること、プレーすることの両方を心から楽しめることが最大の要因であろう。成長のために100%を常に発揮できる。それにより、これから先も彼の進化は止まることはないと確信している。

千駄ヶ谷校 S-13
伊藤 晏理

素晴らしいテクニックでボールを操り、そのスピードで相手を置き去りにする、相手ディフェンダーにとっては最も厄介な選手である。その強気なプレーでチームを引っ張り、自分自身も常にさらなる高みを目指してトレーニングに取り組んでいる。これからさらにボカのコンセプトを学ぶことで、違いを生む選手に成長していけるはずである。油断をせずに常に自分を磨き続けてほしい。

品川校 S-8
村井 謙太

トレーニングのコンセプトを理解してどんどん吸収していく、まるでスポンジのような選手である。彼がボカに来てからの成長には目を見張るものがあり、日々コーチ陣を驚かせてくれる存在だ。また、その負けん気の強さも魅力的であり、体格差に関わらずどんな相手にも戦いを挑んでいく。そんな姿勢を彼の急成長の助けとなっているはずだ。これからもさらなる高みを目指して、その姿勢を崩さず日々のトレーニングに励んでほしい。

浦和校 S-11
佐久間 勇斗

テクニックがあり、その左足から繰り出される正確なパスでチームに安定を与えることのできる頼れる選手である。そして、誰よりも早くグランドに来て準備をする。常に高い集中力でトレーニングに臨む。彼のサッカーに対する姿勢は素晴らしく、それが彼を向上させ、周りとの違いを生んでいる。伸びしろは計り知れず、まだまだこれからコーチ陣を驚かせてくれることは間違いない。彼のさらなる成長に期待せずにはいられない。

2016年9月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 S-11
直江 辰真

彼の左足から繰り出されるシュートは強烈であり、長い距離からでもゴールを狙うことができる。そうかと思えば、繊細なスルーパスも通すこともできる、相手にとって危険な選手だ。また、練習の虫と言っていいほどトレーニングを欠かさない。腕に怪我をしている時もトレーニングに参加して別メニューをする程である。彼にとって一皮剥ける時期は近づいている。強い気持ちを持って突き進んでほしい。

千駄ヶ谷校 S-11
上野 邑魁

スピードに乗ったドリブルで相手チームを切り裂き、パウサ(間をとる)で攻撃のリズムを変える。その技術と視野の広さで攻撃にアクセントを加えることができる、違いを見せれる選手である。体のサイズやパワーといった面では足りない部分はあるが、彼のプレーは自分の特徴を理解してプレーすることで輝けるということを証明してくれる。さらに長所を伸ばして、突き抜けた存在になることを期待している。

品川校 S-11
村田 拓翔

品川校の中でも今最も成長している選手の1人である。トレーニングの種類に関係なく、全てに全力を尽くしてプレーする。彼の姿勢は他の選手にも良い影響を与えている。また、プレー中に顔が上がるようになり、状況を確認して良い判断もできるようになってきている。さらにプレースピードを上げて、自分のプレーに磨きをかけてほしい。

浦和校 S-11
川崎 啓斗

彼の成長の早さにコーチ陣も日々驚かされている。ただ、その成長は彼の毎回のトレーニングに対する姿勢に裏打ちされたものである。常に100%を出し、どんな相手にも怖がらず体をぶつけていく。まさにボカのサッカーを体現している選手である。これからもさらなる飛躍に期待している。

2016年7月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 SELECCION
バルア ロイ

彼の向上心は尽きることを知らず、常に全力でトレーニングに向かう姿勢は素晴らしいものがある。それに飽き足らず、毎回のトレーニング内容、自己反省や次への目標などをノートに記し、成長の糧としている。
その貪欲さを失わず、周りを驚かせる選手になって欲しい。

千駄ヶ谷校 SELECCION
佐々木 開堂

4年生でありながらselecciónクラスに所属する彼は、小柄ではあるがボールを持たせれば相手を翻弄する見事なドリブルを披露する。また上級生に臆することなくガツガツとアグレッシブにボールに向かっていく姿はその気持ちの強さを表している。
体格や年齢に関わらず闘う彼の姿勢を皆んなもお手本にしてもらいたい。

品川校 KIDS
安達 一平

kidsクラスから初の受賞。その年齢には似つかわしくない強力なキックを持つ選手だ。
また、負けん気も強く、あるトレーニングでは顔にボールが当たり鼻血を出したが、すぐに何事もなかったようにトレーニングに復帰しコーチ陣を驚かせた。
毎回のトレーニングで成長を見せてくれる彼に、コーチ陣の期待は膨らむばかりである。

浦和校 SUB-11
田中 涼賀

彼はテクニックの高さはもちろんであるが、ボールを奪うために惜しみなく走れる強い気持ちを持った選手である。
また、ピッチの上では常に自信に満ちたプレーを見せることができ、そのプレーはチームを勝利に導く。
それでもまだまだ磨かれていない部分も多く、彼自身もさらなる高みを目指している。
これからの彼の成長にコーチ陣も大いに期待している。

2016年6月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 Sub-11
吉岡 珀人

一言で彼を表すと「タンケ」(スペイン語で、戦車のこと)。
前へ前へ向かうアグレッシブなスタイルで攻守両面にわたり相手に脅威を与えている。
また、学ぶ姿勢もアグレッシブで、分からないことはしっかりと質問して、課題を乗り越えようとするハングリーさも今回の受賞要因の一つである。
まだまだ伸びしろは十分。努力を続けて成長し続けて欲しい!

千駄ヶ谷校 SUB-11
新地 温人

ボカのユニホームに袖を通し、早1年!!軽やかなテクニック、強靭なフィジカルがあるわけではないですが、ボカの戦士に必要なHuevo(根性/ウェボ)はアルゼンチン人!!
彼のHuevoは、常にリミットがなく、誰よりも働き、誰よりも相手を嫌がらせられるアグレッシブな選手へと成長しました!!相手の油断した瞬間や勝敗の瞬間、勝者側に立つことが多くなり、今月はそれがとくに素晴らしかった!常に勝者側にいられるようにこれからも成長を続けてほしいです!
Felicitaciones!!

品川校 SUB-11
坂倉 乾太

周りの状況を瞬時に見極める視野の広さ、何事にも立ち向かう姿勢。
足りない点と言えばまだアグレッシブさには欠ける部分、しかし大事な立ち向かう姿勢、集中力が見られる為これからの成長が楽しみです。これから学ぶ点は幾らでもありますいつも何事にも謙虚に挑戦して行く事を忘れず、1日1日チャレンジして行って下さい。

浦和校 SUB-11
岩尾 飛舞

彼のトレーニングに対する姿勢は常に全力で見ていて気持ちが良い程である。
特にキーパートレーニング時には、負荷がかかった状態からのひと伸びがある素晴らしい精神力を見せてくれる。
そのトレーニングに比例して、この6月の成長は目を見張るものがあった。
これからも貪欲に多くのコンセプトを吸収していって欲しい。

2016年5月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 Selección
谷口 蒼空

彼のトレーニングに対する姿勢は素晴らしく、どのコーチに聞いても評価が高い。常に100%でプレーし、高い集中力でコーチの話を1つも聞き逃すまいとしている。その向上心から、成長が止まることを知らず、日に日にプレーの精度も上がっている。
そしてそのアグレッシブさは現スクール生の中でも際立っており、ボールへの執着心、ゴールへ向かう姿勢は皆んなもお手本にして欲しい。これに奢ることなく、ボカらしさを磨き続けてくれることを期待している。

千駄ヶ谷校 SUB-13
川村 平

ヒラリは、誰かより目立つような選手ではなく、黙々とやる真面目なタイプ。以前はプレッシャーがある中で、相手に囲まれると判断が遅く良い選択を失い、中途半端なミスが多かったが、この1ヶ月「判断を早くする」ことで、持っている選択を瞬時に選び、失うことがなくなり状況を変えるプレーができるように。そして、その強靭なフィジカルを生かしたアグレッシブなディフェンスも彼女の魅力であり、それを活かせるよになったことも高評価であった。さらに上を目指し、ボカ魂を見せつけて欲しい。

品川校 SUB-8
森田 龍似

持ち前の性格の明るさとそのアグレッシブなプレーぶりで常に存在感を出していた。まだまだ成長過程にはあるが、自分の成長に対する貪欲さを持ち、毎回のトレーニングで着実な成長を見せており、コーチ陣の期待度は高い。その前へ前へ進むアグレッシブな姿勢を崩さず、さらなる成長を続けて欲しい。

浦和校 SUB-8
小菅 紋

プレーの面では技術的な成長が著しく、コーチ陣を驚かせた。彼の努力が成長のスピードを加速させていることは間違いない。また、ピッチ内外でも周りに気を配り、コーチのお手伝いも率先して行ってくれるなど、ボカへの貢献度の高さも今回の受賞に繋がるポイントであった。これからもさらに成長してコーチ陣を驚かせて欲しい

2016年4月の各校の月間優秀賞は下記の通りでした。
月間優秀賞の受賞者は受賞月の翌々月の月会費が無料になります。

多摩校 SUB-11
SAITO TOMOKI

トレーニングに取り組む姿勢、コーチの話を少しも聞き漏らさまいとするその向上心。さらに持ち前の明るさでグループにも良い影響を与えていた。これからも自分自身の成長と共に、仲間にも良い影響を与え続けて欲しい!

千駄ヶ谷校 SUB-13
YASUDA RION

確かな技術と相手の裏を描くアイデアのあるプレーが光っていた。さらに、しっかりとスペイン語を覚え、プレー中にスペイン語で指示を出せる事も高い評価に繋がった。みんなも彼のようにスペイン語で仲間とコミュニケーションを取れる選手を目指そう!

品川校 SUB-11
SAGA KOKI

彼の努力と常に全力な姿勢はみんなの模範となるものである。自分で目標を定め、そこに向かって今必要なことに全力を注ぐ。この姿勢を貫けば、さらなる成長は間違いない!これからも自分に厳しく、努力し続けて欲しい!

浦和校 SUB-11
AKATSU YUGO

トレーニング内容をノートに書き記し、自分の反省点を考える。そして、分からないことはしっかりとコーチに質問する。彼の向上心はコーチ陣が感心するほどである。さらに、トレーニングがよりスムーズに進むように、率先して周りに気を配れる数少ない選手でもある。そのことはプレーにも現れてきており、これからが非常に楽しみな選手だ!